安積疏水土地改良区

歴史

略年譜

安積疏水全図 安積疏水全図

安積地方(現郡山市)は、年間雨量1,200m/mに未たない荒涼とした原野で、水源に乏しく農作業の発展が遅れ、水利開発の願望される土地であった。明治6年福島県の奨めにより二本松藩士が入植し、地元商業資本による開成社が設立され、池塘を造り開墾が進められていた。数年にして100ha余の開墾が実現し、入植者による桑野村が誕生した。明治天皇の御巡幸に先立ち、明治9年郡山を訪れた内務卿大久保利通は、この開墾を眼の当りにし、福島県典事中條政恒の請願に大いに心を動かした。当時の政府は、廃藩置県により失業した士族の相次ぐ反乱の鎮圧と、困窮する士族の救済にせまられていたのである。このようなことから、士族の開墾地としてこの地が有望視され、九州久留米藩士など全国9藩士500戸2000人を入植させるためにも、郡山西方25kmに位置する猪苗代湖の水利用をはかる猪苗代湖疏水事業の完成が急がれていた。この事業は阿賀野川を流れ日本海に注ぐ猪苗代湖の水を、奥羽山脈にトンネルを掘削することで、郡山盆地まで導水する一大事業であった。

中條政恒 中條 政恒(なかじょう まさつね)
天保12年(1841)〜明治32年(1899)

明治11年オランダ人技師ファン・ドールンを現地に派遣し、猪苗代湖から安積野原野一帯の調査を行った。政府は彼に、湖の水位が低下しても、古来湖を利用している会津地方の戸ノロ堰・布藤堰の用水に支障なく、かんがい用水を確保する相関々係の分析を依頼し、湖をダム化する猪苗代湖疏水事業計画の指導を仰いだのである。明治12年、国直轄の農業水利事業第1号地区として着工され、日本海への流量を調整し水位を保持する十六橋水門、安積地方へ取水する山潟水門が建設され、隧道、架樋等、延85万人の労力と総工費40万7千円(現在約400億円)によって127kmに及ぶ水路工事が僅か3年で完成した。

明治31年、水路の落差を利用した水力発電に利用されるようになり、現在も沼上・竹之内・丸守の3発電所に供用されている。当時としては極めて難しかった長距離送電に成功し、沼上発電所はその草分けとなった。この送電により安い電気を求め、紡績会社等が続々と誕生し、工業化、商業も盛んになり郡山は急激に発展した。明治41年疏水の一部が水道用水供給されることになり、一時は工業用水にも利用され、今日の繁栄の基礎が築かれた。このようにして安積疏水は、荒野を美田に一変させると共に、電力に利用され、都市用水を供給するなど地域経済発展の原動力となり、一寒村の郡山は一世紀余にして33万人を有する、東北の中核都市に発展した。昭和45年から57年にかけて国営農業水利事業が実施され、調整池の新設、施設の近代化や集中管理体制が整備された。又、平成20年に完工した国営新安積農業水利事業により小水力発電所が造られ組合員の負担軽減に大きく貢献している。猪苗代湖疏水事業以来4度の国営事業とそれら関連事業により、安積疏水の施設は面目を一新し現在に至っている。

開墾のはじまり

奥州街道の一宿場町であった郡山は「安積三万石」といわれ、用水不足に悩まされ、当地に豊かな水をもたらそうと苦心した人に、二本松領下長折の渡辺閑哉や、須賀川の小林久敬などがいた。明治6年安場保和旧福島県令のもと、中條政恒は生活に困窮する二本松藩士の入植と、地元郡山の豪商らを説得し開墾事業に着手、数年にして100ha余の開墾ができた。この地を明治9年に訪れた内務卿大久保利通は、この開墾の成功と入植者による桑野村の誕生を見て、大いに心を動かした。当時の政府は失業した士族の相次ぐ反乱の鎮圧と逼迫した財政のため、士族授産と殖産興業の解決策にせまられていた。この一環として全国からの士族を入植させ、猪苗代湖からの導水を図る疏水事業が急がれていた。

安積開拓入植状況

1.旧福島県による開墾 

二本松(福島県) 開成社(阿部茂兵衛ら25名)

2.国営安積開墾

久留米藩(福岡県) 156戸
二本松藩(福島県) 58戸
棚倉藩(福島県) 25戸
岡山藩(岡山県) 10戸
鳥取藩(鳥取県) 71戸
土佐藩(高知県) 106戸
会津藩(福島県) 23戸
松山藩(愛媛県) 17戸
米沢藩(山形県) 13戸
(計9藩) 計479戸

十六橋水門

概要

安積疏水の流量確保のため猪苗代湖の水位調節を行うことを目的として建設された制水門。取入口とは反対側にあり、会津を通り、日本海に流れる日橋川。この川への水量を調整し、猪苗代湖の水位を保持し、併せて戸ノ口堰・布藤堰用水の取水設備としてつくられた。日橋川の排水能力が低いために起こる浸水や戸ノ口堰・布藤堰の日照りによる取水困難を改善すべくファン・ドールンは、湖の水位を変えない方法で、会津と安積への用水取水方法を考えた。日橋川を盤下げして渇水期に対応する堰高を算定し、湖のダム化を図った。

十六橋の由来は弘法大師が通りかかった際に、村人の不便を救おうと川に16の塚を築き、そこに板や石を架けて通行できるようにしたことからこの名がついたと伝えられ、その歴史は西暦800年頃まで遡ることになります。

昭和17年、さらなる電力需要の増加のため小石ヶ浜に新たな水門を設置し、十六橋の下流にバイパスを設けたことから、十六橋水門は利水上機能しない存在となっておりますが、治水上は今だに大きな役割を果たしております。又、文化的、歴史的構造物として保存する努力が今も続けられています

  • 平成18年近代遺産に十六橋水門が選出され、農林水産省による疏水百選に選定される。
  • 平成21年に経済産業省の近代化産業遺産に十六橋水門が認定される。

明治13年全長87.2㍍・十六眼鏡石橋水門の木製角落とし構造の十六橋制水門が完成。明治28年に角落としから水門巻き上げ式に改良され、その後大正時代に入り水門と橋の分離図られ、大正2年橋が完成し、同3年電動化された水門が完成となりした。

ファン・ドールン(コルネリス・ヨハンネス・ファン・ドールン)

人物

コルネリス・ヨハンネス・ファン・ドールン コルネリス・ヨハンネス・ファン・ドールン

明治政府は、近代化のための科学・技術習得のため多くの「お雇い外国人」を日本までの旅費支給、無料の官舎、高額の給料で招きました。運河・干拓・利水・治水については、先進技術国であったオランダから技師を招きファン・ドールンもその一人でした。 彼は、我が国土木事業の基礎を成したと言われ、利根川・淀川・信濃川の改修や仙台の野蒜港・函館港などの建設に携わっています。

 
天保8年(1837年) オランダのヘルデランド州で生まれる
明治5年(1872年) 明治政府の招聘により来日。利根川、淀川、函館港などの改修・築港に参画する
明治11年(1878年) 猪苗代湖現地調査
明治12年(1879年) 政府に疏水計画を提出
明治13年(1880年) オランダに帰国
明治13年(1880年) 日本政府から勲四等旭日小綬賞を贈られる
明治39年(1906年) 2月24日アムステルダム市内の自宅で逝去(69才)

功績

猪苗代湖の自然環境を考慮し、湖の水位を変えずに日橋川の川幅を倍に広げ、洪水時の排水を容易にし、川底を0.6㍍掘り下げ、十六橋水門を建設する設計をした。これは湖の水深にして約1.0㍍をダム化して会津側への利益を損なわないものであった。更に工事後の用水の使用方法を設計段階で開示し、現代では当たり前の情報公開に務めた。

十六橋水門脇に立つファン・ドールンの銅像について

十六橋水門脇に立つファン・ドールンの銅像 十六橋水門脇に立つファン・ドールンの銅像

猪苗代水力電気の創設者仙石貢の提唱により疏水事業の功労者ファン・ドールンを称えるため、昭和6年10月に東京電力、土木学会、安積疏水関係者によって十六橋水門脇(会津若松市河東町) に銅像を建立した。この銅像は、太平洋戦争のとき軍事産業の資源として撤去回収される運命にあ ったが「恩人の銅像を砲弾にするなんて忍びない」と、安積疏水常設委員渡辺信任はひそかに山の中に埋め隠し武器とならずに済んだのである。戦争が終り、銅像は土の中から掘り起こされ、足の 痛々しい傷を残したまま再現された。昭和48年8月17日NHKテレビから放映された「かくされたオランダ人」は全国的な話題となり、敵国だったオランダの人々を感激させ、国際交流の礎となっている。